<< 再生可能エネの固定価格買取制度確定!そして思うこと | main | (有)石井設備サービスは何をやっている会社? >>
2012.06.27 Wednesday

気化熱式冷風ユニット製作で冷却効果抜群!36℃→27℃

0
     夏の暑さが厳しい群馬県。
    先日、6月にして30℃を越えました。
    暑い!いや熱い!

    人にとっても暑さはつらいものですが
    機械にとってもつらいもの。
    思うように能力が出ません。

    以前、紹介した気化熱式冷風扇。
    同じ原理を応用して、
    コンプレッサ後段のエアドライヤを冷却する装置を設置してきました。

    昨年、電力を極力使わずに暑熱対策をということで製作&設置。
    それを今年は少し改良しました。
    写真の茶色いとこを空気が通過すると
    蒸発潜熱によってひんやり。

    こちらは上の写真の白い箱と茶色いとこの隙間。
    ドライヤの外気吸い込み口のサーモ画像です。


    ちょっと分かりにくいですが
    スポット1の黒い部分がユニットを通過した冷たい空気が当たっているところ。
    スポット2の黄色い部分が熱い外気が直接当たっているところ。

    冷えたとこ  :27.4℃
    冷えてないとこ:36.2℃

    その温度差8.8℃!

    ドライヤもしっかり効いて
    出口のエアーはキンキンに冷えてました。
    (こっちもサーモ画像撮っとけばよかった・・・)

    そんな矢先に別の方からも相談が。
    「圧縮空気のドライヤが効かずに水が出て困る。」と。

    近々、もう一台作って設置してきます。


    圧縮空気用のドライヤが効かない
    その他、暑さ対策で困っているという方
    お気軽に(有)石井設備サービスにご相談ください。