2012.06.08 Friday

ボイラー燃料費大幅削減可能な断熱ジャケット開発!

0
     今年も暑くなってきましたね。

    節電意識が高まってくる時期ですが
    熱(燃料)の無駄遣いにも目を向けてみると
    結構コスト削れるところがあることに気づきます。

    当社のHPでも触れていれますが
    蒸気配管においてメンテナンスが必要なバルブなどには
    きちんと断熱を施していない箇所があったりします。

    ここが曲者なんです。
    たとえば、フランジ型のバルブの場合、
    同じ熱量を放出する同径のパイプ長さに換算すると1〜1.3mくらいに相当します。

    断熱をきちんとした場合と裸の場合のままの場合での
    放熱量の違いを金額に換算すると
    50Aで12,200円/年・個100Aで26,300円/年・個
    となります。(A重油。運転条件はHP参照

    これは馬鹿にならない!

    金額もさることながら、
    熱がダダ漏れのボイラー室というのは
    夏はサウナ状態。

    なんとかならんか?

    ということで、
    当社では昨年度、群馬県の補助金を活用して
    断熱ジャケットを開発しました。

    正確にはまだ試作の最終段階というところですが
    なかなかいい感じになっております。
    そして、既存商品よりもお財布にやさしい!

    既存商品でも2年程度で元はとれるのでおススメですが
    当社の製品も乞うご期待!

    開発に際しては
    高崎の愛幸サンクリーンさんを中心に
    環境アドバイザーの片亀光さんにもアドバイス頂いてます。
    ありがたいことです。

    完成したらこちらにもUPしたいと思います。

    ボイラー周りの省エネ・コスト削減をご検討の際は
    (有)石井設備サービスにお気軽にご相談ください。
    機器や管路の補修薬品販売も併せて対応可能です。